<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マボロシ

 ギラッっとした、これぞ夏な感じの日が続いてます。 フィジカル的には溶けそうですが、メンタル的にはテンション上がります。 やっぱり夏は良いです。 ビールのつまみはBikeと「夏」でキマリです。

 というわけで、ただでさえビールの旨い夏なのですが、こんなの(↓)が来た日にはその量も天文学的に上昇しそうです。
c0009302_1838326.jpg

 独逸製変態自転車:NICOLAIの到着です。 そう、昨日の荷物の中身はこいつでした。 NICOLAIほど、「変態」とか「マニア」とか「オタク」という言葉が似合うBikeもないでしょう。 G-Boxxシリーズをはじめ、かなりのキワモノフレームを数多くリリースしているので、どうしてもそのようなイメージが付きまといます。 それだけに世に出回る台数も少なく滅多に見ることができない。 実物を見ることが少ないので怪しいイメージがドンドン膨張する。 というキワモノのスパイラルに陥っているメーカーなのです。 (日本だけかな?)

 んで、今回、入荷したのはNoniusというモデルです。 お客さまのオーダー分と写真の当店展示用の2本が入ってきたので大騒ぎです。 展示用のフレームは07のアニバーサリーエディションでエアクラフトグレーに白デカールです。 皆様に実物を見ていただきたくて仕入れました。 ちなみにこのアニバーサリーモデルはユニットレスで¥187,000(税抜き)とお買い得なモデルなのです。

 Noniusというのは軽くも無く重くもない5"程度のリアストロークを持つ守備範囲の広いフレームです。 似たところでは、当店では「栓抜き」として役立たず(Bikeとしては良)なSantacruzu社Hecklerと同じような感じです。 アッセンブル次第ではライトなDHからXC的長距離ライドまでいけるでしょう。

 カタログではヘッドチューブのガセットが無かったのですが実物はしっかり付いてきてます。「製品使用は改良、その他都合により予告なしに変更する場合があります」ということなのでしょう。 まあ、Nicolaiが良かれと思ってする変更なので大きな心で受け入れましょう。 まあ、展示のフレームに関しては現物をみていただけるのでその辺のリスクは少ないかと思います。 


 しかし、見れば見るほどビールの進むフレームです。 また、機会があればその辺をNewsのネタにしてみようと思います。 とりあえず今夜も気分良く飲ましてください。 
[PR]
by blankydog | 2007-07-28 18:38 | アイテム

遠路はるばる

 来ました。 産地直送、来日ホヤホヤってやつです。 
c0009302_2233732.jpg
詳細はまた明日!!
[PR]
by blankydog | 2007-07-27 22:33 | アイテム

霧中で夢中。

 というわけで、ラストサンデーに福井県は勝山にあるJamリゾートに行ってきました。 天気予報では曇りとのことで決行した今回のライドですが、着いてみたら曇りというより「雲」の中。 確かに雨は降ってませんがあたりはガスっていて真っ白け!! 当然、路面はウェット&マッドでグニュグニュちゅるちゅる。 里山ではこんな路面のライドはトレイルへのダメージがとても大きいので避けたいものですが、ここは管理されてるコースです。 ダメージはDiggerさんたちが補修してくれるので心置きなく泥ライドを楽しんじゃいました。
c0009302_16422669.jpg


 本当はドライなライドが好いでのすが、泥もそれなりに楽しいです。 ある意味泥ライドっていうのは貴重な体験かもしれません。 せっかくの機会なのでガッツリと楽しんでやりました。 ・・・ガッツりとコケもしました。 SamHillみたいにヘッドスライディングでノーダメージを図りましたが、ひじを擦りむきました。 やっぱり世界の人はスゴイんですねぇ。 

 今回、Jam初めて!!という人や、MTB自体まだそんなに乗ったことが無いという人も一緒にライドしたのですが、しっかりとした迂回路があるので無問題でした。 以前にも記事にしましたが、この迂回路はそれなりに乗れる人が走っても楽しいという一品です。 この手のコースがどんどん増えてくるとイイですね。

 F2コースの第二シングル(最上級)が新装開店ということで行ってみました。 入り口から出口まで「あ゛ぁ~!!」って感じでした。 ブレーキをヘタに掛けると滑って転びます。 なので車速がどんどん上がり次から次へと木の根、岩、ドロップが迫ってきます。 止まりたいけど止まらない御柱状態でしたが、何とか堪えて無事脱出。 雨の日の最上級はかなりヤバいです。 要注意!!

 要注意といえばブヨも要注意。 調子にのって半袖半パンでライドしてたのですが、見事に彼らの"ご馳走"になました。 やっぱりジーパンでライドするのが良いということでしょうか。 Jamの人はカッパ(ズボン)+長靴でライドしてはりました。 ・・・素敵です。 

 とまあ、泥んこライドを心逝くまで楽しんだ後はお風呂でさっぱり汗と泥を流します。 DH後にお風呂に直行できるのもJamの良いところ。 ポイントかなり高いですね。 そんなわけで今回もJamリゾートを満喫して帰京したのでした。
[PR]
by blankydog | 2007-07-24 16:48 | やまあそび・まちあそび

梅雨に引導

 明日はJAM勝山です。 ドウにかコウにか雨は降らなさそうです。 みんなの行いが善かったということです。 もしくは今回来れなかった人の中に雨男さんがいるというウワサも・・・ とにかくイイ感じで走れそうです。 午前中は雨の影響が残るでしょうが、午後からはドライになる!!と楽観的です。

 ということで、明日は楽しみましょう!!
[PR]
by blankydog | 2007-07-21 19:01 | やまあそび・まちあそび

メンタマークの・・・

 先日、大阪のミナミにある問屋さんのガレージセールに行ってきました。 旧品、珍品、???品のオンパレードで懐かしい人には懐かしい、わからない人にはわからない品物でイッパイでした。 私にとっては青春時代の苦く酸っぱいモノであふれてる空間でした。

 というわけで、お土産です。
c0009302_17525233.jpg
RaceFaceのアパレルです。 バーゲンプライスで手に入れたのでそれなりにバーゲンします。 
[PR]
by blankydog | 2007-07-20 17:55 | アイテム

モパーなホイール(再考)

 少し前にご紹介したSunRingleの完組みホイールですがドンだけすごいかイマイチ伝わってない様なので改めてご紹介。


超軽量な「Charger」はフロントが870g(実測)、リアが1000g(コチラも実測)ジャストォーと軽いです。 リム自体はSOSと同じなので、28mmとワイドなリムを使っていながらこの重量は驚異的です。 そしてさらに驚くのはこの価格。 前後セットで54,000円なのですが、コレをバラで組んだ場合、リム2本で13,600円 コレにFハブ:13,000円とRハブ:26,000円を足したら52,600円!! 残り1,400円で高級なDTのバテッドスポークを64本そろえて組み立てろってそれは無理です。 ドウ見ても1万円以上の差が有ります。 ネ!! すごいでしょ。 

 STR8も同じです。 コチラもホイールセット54,000円に対し、バラならリムと前後ハブで計53,600円と残400円じゃ遠足のおやつです。(バナナは主食です) ちなみに重量はフロントが1030g、リアが1130gと、これまた軽い!! Fハブは20mmアクスル対応ですし、リム幅も31mmと広いので軽量なDH Bikeを組むのにも最適です。 

 さらに、そこいらのよくある完組みホイールと違って特殊な部品はひとつも無いので補修もOKと言うのもアクティブなライダーさんにはうれしい点ですね。 逆に欠点はパッと見は普通の黒いホイールってことでしょう。 その辺は他の部分でアピールして下さい。

 そんなすばらしいホイールですが、残念ながらChargerは売れてしまいました。 代理店に残っていれば取り寄せます。 「STR8」は1セットあります。 お急ぎ下さい。
[PR]
by blankydog | 2007-07-18 21:14 | アイテム

Play The Playbike

 本日は祇園祭のクライマックスです。 大きなもので十数トンもあるモンスターマシンが都大路をドリフトしていくのです。 ただ京都は雅なんでお上品に超低速で気合を抜いた掛け声でドリフトします。 ほんまに優雅ですなぁ。

 ということで京都暦ではもう夏です。 鱧(ハモ)食べなあきまへん!! なのに、なんや空はどんよりしてます。 昨日もギョウサン雨降りました。 なかなか土の上で遊ぶことができません。 ということで、PlayBikeをオススメします。 

 私が言うPlayBikeとはストリートとかジャンプで遊ぶシンプルなBikeのことです。 ちょっと古い言いかたですね。 近頃では一般的になんと言っているのでしょうか? まあ、最近はブラックマーケットを初めとした"遊び"に特化したBikeが多く出ているので、それらを指してると思っといてください。 そんなBikeが一台あると、こんな梅雨な季節でもちょっとした雨の止み間やガード下などのスペースで、乗りたいときに乗れちゃいます。 暑いこれからの季節には涼んだ夜にRide!!っていうのもオツなものです。 晴れた週末だけがRideの時間ではありません。

 私も仕事と雨の合間をみては借り物Bikeで遊んでます。 近頃、妙にマニュアルがキマリます(借り物Bikeのオカゲです) できてくると、楽しくなってさらに遊びまくります。 調子に乗るとコケてテンション↓↓↓になります。 でも、私は大人なので怪我する前に仕事に戻ります。 
c0009302_1491523.jpg
 ピーキーですがここBikeはほんとにアクションしやすいです。 先月頃からグラフィックなどが新しくなったのですが、とてもスタイリッシュになって、私的には◎です。 見た目だけでなくパフォーマンスもUpしている(メーカー談)らしいです。

 MTBの世界では山派の人たちの対極にある遊びに捉えられ勝ちですが、それはジャンル分けという意味の無い偏見と誤解の産物です。 クロスオーバーという単語が持て囃される時代に即してません。 PlayBikeで養ったアクションや感覚は山でのRideにも直結してます。 よく見ると山ってセクションだらけ!! そこを安全、確実に走るのにきっと役立つはずです。 さらには走り(遊び)の幅も広がります。

 以上、アップライズのハンドルバーの付いたBikeばかり置いてある自転車改造屋のたわごとでした。
[PR]
by blankydog | 2007-07-17 14:10 | アイテム

雨 ・・・ 泥の貴公子!?

 青空を見ないで何日目でしょうか? 雨はキライではないのですが、こうも雨が続くのもなんだかなぁって感じです。 琵琶県が滋賀湖に沈んでしまわないか心配です。 京都、大阪を潤す水瓶なので、水が少ないのも困ったもんですが多すぎても困りますよ。 そんなにイッパイ水飲めないです。 その水をビール(またはビール味)にしてくれるのなら考えます。

 この梅雨期にメンテに入庫するBikeが多いです。 確かに賢い判断だと思います。 また、DIY派の皆様もこの時期にメンテされてることでしょう。 でも、この湿気の多いときのメンテも考え物です。 だって、パーツクリーナーが使いにくいもん!! 景気よくブシューっと一吹き。 落ちる油汚れに入れ替わって結露で水玉びっしりです。 泥+油汚れが水+泥+油の三位一体汚れとなってさらに頑固にBikeをデコレートしてくれます。 こうなると使用感とか凄みとか言って誤魔化すしかないですね。(嘘です誤魔化してません しっかりきれいにしてますよ)

 凄みといえばこのペダル。
c0009302_14261973.jpg
 ピン飛びまくり。それを追いかけるかのように穴あけまくり!! 10cm四方×4の上で繰り広げられるイタチゴッコ
[PR]
by blankydog | 2007-07-14 14:33

7月のライド

 本日も雨ですね。 最近あまりOnDirtしてないのでフラストレーションが溜まっているようです。 昨日、野暮用のため赤い栓抜きでお出かけしたのですが、途中にある公園で突然心のスイッチが入ってしまって、並木スラロームや木の根ギャップジャンプにアタック。 最後はフラットターンでリアがブレイクして完全にスピン。 Bikeから体が離れてしまったところでTheEnd 我に返りました。 まるで鎖を解かれた犬か子供です。 ちょっと楽しかった。 でも野暮用中は汗だくでした。

 ということで、大人としておとなしくジェントルな社会生活をおくるため。 精神衛生上の健全化を図るために7/22にJam勝山に行きます。 詳細はお問い合わせください。 
c0009302_13282398.jpg

 
[PR]
by blankydog | 2007-07-10 13:28 | やまあそび・まちあそび

激写

 テストBikeがやってきました。
 ドコのナニといわなくてもわかりますよね。 某、フラットランドのメーカーが26"に進出して、今度は山にまで入ってきたってことです。
c0009302_15241957.jpg
 ちなみにこいつは試乗車っていうより試験車です。 後ろのヨーク部の大丈夫!?って心配になるほど削り倒してあります。 かなり軽量に仕上げてあるそうです。 ヨークの前にあるレーザーカットされたブリッジも凝ってます。 すさまじい作りこみです。 見れば見るほどそそられるBikeです。

 というわけで、大胆にも乗ってみました。 ビンテージパーツ満載で車重は結構なもの。 XC Bikeカヨッ!!て言うぐらいにスタンドオーバーハイトの余裕の無さ。 さらにロングストロークなFフォークとあいまって戦艦級の安定感を期待したのですが、乗ってみるとアラ不思議。 軽快に操れます。 ヒラヒラって感じまでではないですが、大きく感じる割りに意のままに操れて、安定感も必要十分。 剛性も見た目どおりあるので安心して倒し込んでいけます。 リアセンターは420mm、ホイールベースも短いということなんで、結局はいつも乗っているコンパクトなハードテールBikeとかと大して変わらないジオメトリーということなんでしょう。 操りやすいわけです。 しかし、コンパクトBikeでは出せない安定感があります。 コレは新鮮な感覚です。 私の場合、股下に余裕が無かったので立てのアクションはやり易くはなかったですが、Bike自体の動きはアクションし易いと思います。

 一番驚いたのは踏み心地。 もちろん見た目どおりしっかりしてます。 よれたりしなったりが感じられないのにドコと無くソフトなんです。 E-m●の時もそうだったのですが、男塾塾長並みに強いのにその裏にはバファリンにも負けないやさしさがあるのです。 聞くところによると、応力解析を繰り返しトラクションを重視した設計にしたとか。 このコッテリしているのにしつこくないみたいな踏み心地は彼らの言うトラクションなんでしょうか? なかなか奥が深いです。

 とまあ、駄文をツラツラと連ねたわけですが、こういう感覚の表現って難しいですね。 この感覚を共有できる人は「そうそう!!」って感じですが、そうでなければ???です。 要は乗って感じることです。 人によっては全く違うイメージかも知れません。 でも、違うから間違いってことも無いですし、そのイメージの違いから本質が見えることもあります。

 それなら「俺にも乗せてくれ!!」てことになりますが、この試作車は富士見のフェスで乗れる予定です。 私も実際のフィールドでどんなポテンシャルを発揮してくれるのか楽しみで仕方ありません。 

 とにかくこのオールドスクールな臭いさえするフレームは、ハードテールDHでガンガン使いたいと思うわけです。 富士見のAコースを下れる数少ないハードテールフレームかも!?とさえ思う土曜の昼下がりでした。
[PR]
by blankydog | 2007-07-08 15:30 | アイテム


ブラド・ニュース


by blankydog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

お気に入りブログ

Blanky Dog ...

カテゴリ

アイテム
やまあそび・まちあそび
薀蓄(うん・ちく)
イベント

以前の記事

2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧